学歴別 初任給の推移(男女別)

男性・女性別 学歴別の平均初任給の推移をグラフ化!(昭和51年~)

政府発表の最新の統計を用いた、学歴別の初任給の推移を、男性・女性別に昭和51年から収録!
就職か進学か迷っている人や、こどもの進学について迷っている方はご参考に!

年収ランキングはこちら
時給ランキングはこちら
都道府県 別年収ランキングはこちら

昔は学歴によって初任給にあまり差はつきませんでした。
しかし、今では高校卒と大学卒とでは、平均して年間50万円も差がついてしまいます。

スポンサーリンク

(男女とも、平成26年2月発表「賃金構造基本統計調査」を元に独自に作成)

ここでは初任給に着目していますが、日本の多くの企業では初任給は月額17~23万程度と似たような水準です。
大企業の総合職とそれ以外を比べた場合でも、実は初任給にはそこまで大きな差はありません。

しかし、大企業の総合職とそれ以外を比べた場合、2年目以降の給料の伸びが全く異なっています。

このため、日本企業で学歴と年収との関係を把握する場合、「初任給」だけではなく、将来どのように給与が伸びるのかといった「生涯年収」が実は重要になります。

ただし、「生涯年収」は調べることは非常に難しいです。代わりに従業員の「平均年収」であれば上場企業の多くで開示されているので、就職や転職に当たってはこういったデータも参考にした方がよいでしょう。
(上場企業の多くは平均年齢も開示しているので、例えば40歳付近の年収イメージを把握することもできます。また、学歴別の採用人数を公開している会社もあるので、必要な学歴がわかる場合もあります。)

スポンサーリンク